TOP

子供たちがいて葬儀を離席する可能性があるときには

子供とともに葬儀に参列することはよくあることです。子供でも最後にお別れをすることは大切ですし、社会経験として積ませてあげることが、将来にもつながります。もう命が失われてしまったことの現実を教えることは、大切な教育になってくるでしょう。個人としての教育でもありますが、だれもが順番に教わってくるものだからです。こうしたつながりが社会を形成していくことは、まぎれもない事実です。

葬儀に参列する場合、年齢を気にする人もいますが、本来の意味を考えればこれは異なることでしょう。一定の年齢の制限等はありません。問題は、葬儀の進行を妨げないような配慮をすることで、葬儀を執り行う方でも配慮していかなければいけないポイントにもなってきます。離席することが出てくることは、幼い年齢であれば生じる可能性が出てきます。マナーとして考えれば問題もあるかもしれませんが、葬儀は小さな子供が参列してはいけない場ではありません。社会一般として考えても当然の結論です。

問題点があるとしたら、奇声をあげたり、走り回ったりしないように注意をすることでしょう。これは、周りの大人も気にしていかなければいけないポイントです。大人が子供を教育していくのは、社会一般の常識といっていいでしょう。社会が子供たちの成長を促すためにも、注意するときはきちんと教えるといった姿勢でいれば問題はないはずです。

子供を預けて参列するというのも一つの方法ではありますが、どこでもそういった選択ができるというわけではありません。短期保育を考えればといった意見も出ますが、状況によっては難しいこともあります。周りに頼るところがあるぐらいであれば、そもそも問題になることもないのですから、どうしても子供から目が離せない時には、葬儀社の方に相談してみるという方法もあります。わずかな時間なら相手をしてくれることもありますし、泣いてしまったときに離席できるように出口に近い席にしてもらうことも考えられるでしょう。葬儀の際に配慮するのは社会や大人なのであって子供たちではありません。

ページの先頭へ戻る