TOP

葬儀で離席するタイミング

世の中には、どうしても離席しなければいけない状況があります。葬儀でも起きることはあるでしょう。マナーに反することは理解できていたとしても、すべて思いのままにいくわけではありません。その時に、できるだけ迷惑がかからないようにすることを考える方が建設的です。

離席するタイミングを取れるような状況の時には、焼香後にするだけでも違いがあります。特に焼香の人数が多い時には、それなりに時間がかかるため、順番によっては離席することができるでしょう。早めに離席しても戻ってこれなければ、迷惑をかけてしまうことになるため、できるだけ避けるべきです。参列者が多いときでも、できるだけ目立たないようにすることが大切です。調子が悪い時には、葬儀社の担当者や受付など、後で伝えてもらえる人を探しておけば間違いがありません。特に長い時間離れなければいけないときには、その旨を話しておくことで余分な心配をかけることもなくなります。逆に手間をかけさせてしまっては申し訳ないことになるので注意しましょう。

進行上で問題にならないようにすることも大切なことです。離席するタイミングにもつながっていきますが、離席しなければいけないことがわかっているときには、進行役に話をしておけば確実です。さまざまな事情で、長く葬儀に参列できない事情は発生することがあります。その時には、離席のタイミングを話しておけば、葬儀社側で配慮してくれるでしょう。タイミングがとりにくい時には、合図をもらうようにしておくというのも方法の一つです。呼びに来てもらうといったこともできるからです。これだけでも、進行を邪魔することがなくなります。

葬儀が厳粛な場であることは、だれでも理解できることです。離席することがマナー違反であるとしても、それがすべてではありません。失礼にあたることとわかっていれば、対処する方法も出てくるでしょう。お互いに理解をするとともに、むやみに非難したりすることは葬儀の場では避けなければいけません。故人や遺族の気持ちを重視することが大切です。

ページの先頭へ戻る